改組新第4回日展

 

辻元 邑園

「王維詩」

 

 線の情感に訴える書は作者の持ち味として定着している。しかも近年は横展開にこだわり、その情趣は一層抒情的なるものへと深化する。今作は破筆効果に加え、各字の方形を意識したかのような展開。進化もある。(篠原)