第38回日展

 

辻元 邑園

「韋應物詩」

 

 突入れた線と吊上げた線が、筆の弾力を伴いながら、潤渇、文字の大小、遅・速とリズムを刻む。

まるで音楽を聞いているかのようである。

また、継墨の潤沢部がポイントとなり巧く視線を導いている