第40回日展 書道

 

辻元 邑園

「韓退之詩」

 

 終画を伸ばした幾字が、作品に流れる時間を感じさせる。筆意横溢。線端まで行き届いた気力も見る。行草書の表現の可能性の広さ、まだまだ新鮮なスタイルが出てくるだろうことを予期させる作品だ。