第41回日展 書道

 

辻元 邑園

「鄒陽詩」

 

 破筆の直線とひねりの曲線を見せ場に、旺盛な筆力と技巧、情熱を前面に出した才気溢るる作品。字毎にいろいろの変化を見せているが、全体像に騒がしさはない。行間も美しい。不揃いの調和、大調和である。