第42回日展

 

辻元 邑園

「契嵩詩」

 

 五言律詩を作家の書法で踏襲する。手慣れた行草だが随所に直線を入れ、表現の機微につなげている。「強くても深味のある線質」を求めた跡が作品感から窺えるも、既に持ちえた書力はそれを自然に表出させる。