改組新第3回日展

 

福光 幽石

「飛 花」

 

 複雑な曲線の絡みが終始する。これほどまで動ききっても行の中心は崩れず、むしろ律動感さえもが過ってくる。王鐸書法が根底にあるのだろうが、それに隷属しない独自の腕法があるからこその迫力だ。(篠原)