第35回 日展

 書道 

 

特 選

 

山根 亙清  「春の雨」

 

 斎藤茂吉の歌二首を同じ流れの中において構成した。真ん中のあ波連の渇筆を囲む潤筆の調和が静かな盛り上がりをみせ、詩意の情感をうまく捉えている。正筆の書風を継統した中に今様を感じる作。 (松)