第38回日展


吉田 成堂

「赫い日輪」

 畠山義郎の詩を旋律の響きを保ちながら書線の流れにのせた。

言葉と文字の醸すイメージを漢字、かなの調和を図りながら、墨の潤渇、文字の大小を組み合わせて純化ある作品作りを指向している