第39回日展 書道


吉田 成堂

「惜春譜」

 極北の詩人・吉田一穂の惜春譜の深意をかみしめる。

「熱情といふものは砂すら燃やすものだ」と言い切る一穂の世界、書に残す葛藤が感じられる作品である。

羊毛でなく剛毛筆を使用したのもその理由だろう。