第40回日展 書道


吉田 成堂

「千利休」

 北原白秋の詩。解りやすく親しめる書作品が作家の常ながらの意識。選文の動機はいろいろあろうが、詩文書を見るとき、作家と選文の関係も興味深いテーマである。それはやはり解読可能なところから始まる。