改組新第1回日展

 

石飛 博光

「かごめかごめ」

 

 字と言葉と書が一体になって作りだされた「たのしい風景」。石飛博光の真骨頂だ。壁面作品では唯一アクリルを使用していない。墨色や線条を直接見せる意図だろう。天地の黒のマットも効果大である。(篠原)