第44回日展

 

石飛 博光

「残 照」

 

 オーソドックスな構成の中に絵画的要素を汲入れた作調は石飛ならではの実力作。欝字を中央行頭に据え、しかも奔放な書きぶりを示すところなど、その象徴と言える。東山魁夷の自然観を書で奏でた快作だ。(篠原)