第36回 日展

 書道

 

 

 

市澤 静山

「方廉」

 

 四隅に廉である、要はすべてに潔いことの意であろう。

信山調から少字数作品で自風の世界を確立した感があるが、古代文への試行が大いに関与しているように思う。

体内に蓄積された気が、いちどきに放出された形だ。