第38回日展


市澤 静山

「弘 麗」

 上條系だが師系から離れ自風の書を模索してきた。

幾分香りは残るも、叩きつけた用筆、どっぷりとした線は独特の骨格を持ち、重厚な存在感を確立してきている。

文字と意が同期する、そうした世界を期待したい