第40回日展 書道

 

市澤 静山

「體 仁」

 

 易経から篆書二字を右上がりの構成で表現。しかも偏は曲線、旁は直線と斬新だ。信山門下に共通する速度感ある強い線は健在だが、この作家はそれのみに固執せず、時の学究古典の肌色を匂わせる作品感が特徴。