第41回日展 書道

 

市澤 静山

「偕 老」

 

 撰文は詩経から「偕(とも)に老ゆ」。しかし書かれた線は生気に満ちている。運筆のリズムも躍動。観者の心にとまる作。にんべん一画目、おいがしら三画目にこの作の象徴を見る。一作一面貎を進化させる作家。