第36回 日展

 書道

 

 

 

植松 弘祥

「白楽天詩」

 

 

 強い正義感で社会の矛盾を指摘した時代の詩であろう。

壮年期には感情が自然に出ていること、内容に論旨があることを詩の条件としたが、詩意を解した熱量ある運筆が一貫して存在感となり、観者に迫る。