第38回日展

 

植松 弘祥

「白楽天詩」

 

 どっぷりとした用筆ながら、筆捌きよく線のこなれが充分に効いてダイナミックな動感を醸している。

特に渇筆が紙にしっかりくい込みちらちらした感じを与えない。

むしろ柔らかさを加味して温かい。