第43回日展

 

植松 弘祥

「尤怡詩」

 

 七言律詩の多字を行草四行で書きあげる。宋代の古典を基調にしたというだけに重厚な趣が前面に出ている。その中に細部の技術的要素もしっかり見せて全体の書力を貫通させているさま。見応えがある