第45回日展

 

植松 弘祥

「富士山詩」

 

 作者は「大胆にして繊細なその中に気魄の充実、清澄美を模索する」と言う。その実、行書四行は紙面に峻立するかのように書かれ、呼吸に乱れがない。各字の変化はかなりのものだが、全体は静粛そのものだ。(篠原)