改組新第1回日展

 

植松 弘祥

「白楽天詩」

 

 米ふつをどう具現化していくかが今作のテーマ。四行行草を一貫した筆力で書ききっているが、その中には王羲之、米ふつに見る字の懐の広さも加味され、より重厚な力感を醸し出している。技巧の高さも見逃せない。(篠原)