第36回 日展

 書道

 

 

赤江 華城

「蜻 蛉」

 

 

 「安可東起の 草濃露玉 なゝいろ尓 可ゝや支和堂利 蜻蛉う万連怒」と縦四行に構成した。

中央を少し斜めに横切る余白が、落筆上部と四行目下部の潤筆を鮮やかに引き立てている。

視線の通りもいい。