第38回 日展

 文部科学大臣賞(書)

赤江 華城

「白 山」

 なだらかな上下山形のオーソドックスな構成だが、7行目の散らしと10行目の1字の締めがポイントとなって絶妙の終部空間余白を作り上げている。

各行の収斂性も良く、地味ながら品格ある作品となった。