第49回日本の書展
現代書壇代表より

 

岡野 楠亭

「充閭之慶(晋書)」

 

 4字の長形朱印だが、外縁の欠け部と連携した4字との絶妙な関連が面白い。一つの欠け部から流入した気が反対側に抜けない時の、通常の圧迫感がなく、その惑いの機微に浸ってしまう。日展会員、読売書法会常任理事、謙慎書道会常任理事、西冷印名誉社員。全国書美術振興会評議員。(松)