第71回日本書芸院展

 

筈井 淳

「春」

 

 行間を広く開けた3行。学んできた王鐸のエッセンスが出せれば、との制作意図。大きな回線の連綿をあえて抑転折の要所を巧く繋げた。(松)