改組新第5回日展


遠藤  彊


「田父獻暴」

 

 「小さな篆刻作品が大きな会場でどのように主張するのか」作者の個展時のコメントが思いだされる。白文印の鮮やかな刀跡が印象深い今作。四字の強弱、疎密明瞭が金文のプリミティブをより強調する印面になった。(篠原)