改組新第2回日展

堀  豊之

「彼岸花」

 

 人体の頭の塊から、首、胴体、腰、股、腿、脚、そして足の爪先まで、柔かな軟体動物のようにくねっている。量感豊かな腰が天地の芯となって、全体の流れは可愛らしくて、確かに美しい。(中)