第46回日彫展

堀  豊之

「啓 蟄」

 

 左腕を顎下に、右腕を背にまわした旋回動勢が、頭から足先まで一貫してひねりある裸体立像。このことを作家はT相貫体″と称するが、加えて独特のモデリングがユニークな存在と美艶を生み出している。(中)