第42回日展

堀  豊之

「実 り」

 

 S字状の構成を追求して久しい。古典的フォルムにして今日的課題でもある。いささかデフォルメを加えて全体の流れにメリハリをつける。そのことでS字型の動線が多様になり、イメージも豊かになる。(中野)