第43回日彫展

堀  豊之

「弥 生」

 

 立脚と休脚の構成を執拗に試みる。この作では左(後)足が立脚で、右(前)足が休脚になる。この足の構成次第で上半身の工夫が決まる。大きい臀部、小さな胸などのデフォルメが面白く、表情がユニーク。(中野)