第75回記念新制作展

新会員

上松 和夫

「風景『門』」

 

 球体、筒、角体の構成、直線と曲線の交叉が緊張感を生み、空間を大きくとりこんで新鮮な気を放っている。門を核に人物と陽の各フォルムの簡潔さと組み合わせが豊かなイメージを喚起してくる。