第57回二元展

会員佳作賞

嶋村 和代

「蘇生〈ふるさとは未だ…〉」

 

 うすもやの中から遠くかすむ木立があらわれ、雨風にさらされたままの牛頭骨が放られている。いささか情緒的だが、そこに万感の思いが流れ、宿る。両脇の直立する画面の堀込が画面をひき締めている。(中)