第35回全展フォーカス作家選抜展

特選第三席

船津 和子

「晩秋の阿蘇(根子岳)」

 

 草千里からの眺望であろうか、丹念に塗り重ねた絵の具が紡ぐ九十九折る芒の野。淡紫色と濃黄色の補色が美しい。根子岳を近接して描いたことで存在感が加わった。