第48回全展

美術の杜賞

船津 和子

「秋の由布岳」

 

 由布院の温泉地を流れるせせらぎ。紅葉した河堤の並木が河辺のススキと山の色変に呼応する。それらの色彩の響きを空一面に浮かぶ白雲が受け止め、安定感のある作品となった。物をマッスとして捉え成功した。