全展 第31回彩曜展

 

船津 和子

「ひまわり」

 

 いろいろな画家がひまわりを描いているが、静物の対象としてインパクトある素材である。今回は光と影の表現を自らに課して描いた感がある。あらゆる角度からの花描写、電灯のスポットの明暗が雰囲気ある。