第54回新世紀展

会員推挙

 

 安江 康代

 「予 感」

 

 簡潔で力強い構成に、主役の青年の内なる思いが直截に語られている。いま青年は人生の岐路に立って、右へ行くか左へ行くか、前へ進むか一歩とどまるか、カーブミラーの援用と青年の表情がすべてを語る。