第59回モダンアート展

 

川鍋 和子

「風は歌う 」

 

 陰翳をはらむ赤の色味と大ぶりにして爽快なフォルムが目を惹く。加えて斬りこむような線や面、あるいは市松模様や白のニュアンスなど混然となって赤の面に曲面をうんで、豊かなイメージを湧出している。(中野)