第105回太平洋展

会員秀作賞

川崎 常子

 

「蓮の情景 ―1」

 

 蕾から枯れるまでの蓮の生態が構成的に描かれている。興を惹くのは咲いた花を断面図として構成の核にしていることだ。この大胆な着想が新鮮であり、些かシュールにもした。水滴を乗せた葉と色合いがいい。