第56回二元展

中日賞

寺下 幸世

「混沌(何かが…)」

 

 両手を合わせる祈りの構図をとり込んだ作品が続いている。混沌とした世界に生きるこれからの若者、自分の子供、孫たちの平安をその中に重ねた。青年と背景をもう少し溶け込ませたいと思う。(松)