第73回自由美術展

 

河内 登国

「作品」

 深々とした心象が思われる。古代の染ものや帯地、古い寺院の土塀、あるいは襖間、等々イメージは観る人それぞれが自由に抱けるが、心やすまり、解き放たれ、粋でシャレた色調に静かに深く染められる。