第3回行動美術TOKYO展

伊藤 聰

「鼓 動」

 

 心臓が鼓動する。自然も宇宙も鼓動する。その鼓動は基を一にする。生きとし生けるものの、すべての可視を取りのぞき、その本質のみ抽出した景が、この作品だろうか。黒白のニュアンスある色と肌に惹かれる。