第62回新世紀展

 

朝山 英治

「メルロ=ポンティ『眼と精神』より」

 

 メルロは20世紀フランスの実存主義哲学者。その著作からの視覚造形化した作品。その逐一はわからないが、白、黒、赤銅の色そのものの存在感が深く、図像そのものに緊張感がある。(中)