第63回新世紀展

 

朝山 英治

「メルロ=ポンティ『眼と精神』より」

 

 画家が絵を描くときに、意識が描くものを取りにいって、その結果が絵に繋がるという視覚逆転の発想。イメージングが形を造るということか。黒の階層と白の対比に微かな彩色が生きた。(松)