第49回二元展

名古屋K賞

今田 龍子

「鞆ノ津・潮待ちの刻(I)」

 

 宮城道雄の「春の海」がつくられたという鞆ノ浦で収穫された壷や貝が並ぶ。窓を通して射し込むかすかな明かりを受けて、流れる刻を内包しながら存在感を高めていく。