第53回二元展

 

今田 龍子

「追 憶」

 

 かつて旅行したヴェネチアへの追憶。曽遊の地で入手した仮面やガラス器、布地を配し、重厚かつ濃密な彩調と筆致で、構成的にも左半に重心を置き、左から右への一陣の風(背景)が刻の流れを象徴した。(中)