第77回自由美術展

 

圖子 秀達

「海の対話」

 海と向き合ったり、寄り添ったり、時に一体化したりしながら、海と語り合う。晴れの日、雨、風の強い日、凪の時、様々刻々と表情を変える海、その心髄を表象化すると…。海、それは自分自身だったりして。(中)