第68回立軌展

 

大庭 英治

「ある風景」

 もっぱらであった室内景から、近年は屋外へ出ての風景に意欲的に取り組んでいる。が制作スタンスは一貫して、外郭線は用いず色面構成に徹する。その筆致と色交響を魅力とし、微妙なニュアンスが卓抜。(中)