第69回立軌展

 

大庭 英治

「アトリエの一隅」

 近年は野外(街路)の景も描くが、大半は室内で自身のアトリエをモティフとする。光あふれるその景は抽象化され、おぼろげに推測できるがそんなことに意味はない。色彩の交響に存分に浸れる世界だ。(中)