第39回写実画壇展

 

関口 任司

「二つの赤い池」

 画風が変って具象性に向かってきた。カラフルな菖蒲と枯木、橋で二つに割れた池で構成。菖蒲と枯木、赤い池と土坡の相対のコンビネーションとせめぎ合いがゆるやかな緊張感を生んで興趣深い。(中野)