第55回二元展

大阪府知事賞第一席・委員推挙

二川 道夫

「残った椎の木」

 山路の岩肌にへばりつくような椎の木の老樹。その根方近くに焦点を合わせて描くのはいつもの手法だ。溜が出来、ねじれ、空がこの樹の苛酷な歳月を偲ばせながら。その生命力への驚嘆が筆意にこもる迫真。(中)